アカデミーコーチの裏作業 by K.MATSUO


こんにちは!!


かなり冷え込む時期になってきましたね・・・


僕もとうとう朝の自転車では手袋を解禁しました!!


手袋があればやっぱり全然あたたかいです(笑)


でもこれからもっと冷えることを考えると・・・


考えないでおきます・・・(笑)


さて話は変わりますが、


皆さん、オムニコートのコート整備といえば何を思い浮かべますか?


ブラシをかけるのをイメージする方が多いと思います。


それもコート整備ですが、


アカデミーコーチたちは裏でこんなコート整備をしています!!



これだけみてもわからないですよね(笑)


わかりやすく言うとコートに砂を入れるコート整備をしています!!


なんで砂を入れるのかというと、


コートの中の砂が少なくなると、


滑れなくて怪我をする可能性が上がるからです!


砂入れのやり方としてはコートの端の方に砂がたまりやすいので、


さっきの写真のようにブラシでコートの端の方を何回か引いて砂を集めます。


集めたらこんな形で砂の山ができます!



この砂の山をちりとりですくい、


コートにきれいに撒く感じです!


これがなかなかの重労働で腰は痛くなるし時間もかかるしで、


今回も1面やるのに1時間ほどかかりました(;'∀')


今回のコート整備の成果としては、



これが・・・



これになりました!!


練習が始まっていて少しわかりづらいかもですが、


ベースラインの後ろあたりを見てみれば、


違いが分かるかと思います!!


アカデミーコーチたちがきれいにしているので、


ぜひレンタルコートやイベントなど、


参加して、使ってみてください!!






インフォメーション

最新情報