新居とお部屋探しとウェアのロゴ by H.YAMAMOTO

皆さんこんにちは山本です。




とうとう部屋が決まりました。


実は4月に内見していいなと思っていたらうまってしまった部屋があったのですが、少し前に


その部屋が空いたのでそこにしました。


今から家具選びが楽しみです。


僕はお部屋探しが趣味みたいなところがあって、スマホにもずっとat homeとかスーモとかhomesのアプリが


入っています。


やっぱり4月を過ぎると部屋はほとんどうまってしまうんですが、実はこの時期になるとまたいい部屋が


空いてきます。


今回もその部屋以外にももう少し広い部屋を二つ見たんですが、値段は安いのに綺麗で広くて


とてもいいお部屋でした。でもやっぱり一人暮らしで2DKはいらないかなということで、


今回の1DKのお部屋にしました。




話は変わりまして


今日レッスンで何人かのかたとお話ししたんですが、今でこそテニスの大会での服装は


だいぶ自由になってきましたが昔は白のポロシャツと白のパンツしか着れませんでした。


というかテニスクラブ自体のドレスコードだったんだと思います。ウィンブルドンは今でも白のみですが。


ただウェア自体はかなり自由になってきましたが、今でもロゴには細かい規定があります。


ウェアメーカーのロゴとスポンサーのロゴにサイズと何個つけていいかの細かい決まりがあるんです。


テニスウェアにはプラクティスシャツとゲームシャツがありますが、ゲームシャツというのは


その規定通りに作られているので試合でも着れますよというシャツの事なんですね。


なんでそんなことに決まりがあるのかと不思議に思われる方もいるかと思いますが、


それはもともとテニスがアマチュアリズムに則ったスポーツだからだと思います。たぶん。


もともとテニスの大会というのはオリンピックと同じで、お金を稼ぐために参加出来なかったんです。


それがいつからかプロ選手も参加できるようになったんですが、その時にあまり大きなロゴでスポンサーの


宣伝をしないように細かい決まりが出来たんだと思います。たぶん。


というわけでアディダスの3本線も、テニスウェアは大きさがの問題で短くなっています。


ミズノとウェア契約している選手で有名な選手はというと、これはちょっとマイナーかもしれないですが


フィリップコールシュライバーという選手がいます。ジュンレオにあるバナーにも載ってます。


もうベテランですが世界ランキングで最高16位になっています。


体が小さいこともあってそこまで勝っていて有名というわけでは無いかもしれないですが、


ショットもテニスもすごくいいので順位以上に僕は好きです。


そしてもう一人、これは若手でバナーにはもいないんですがソネゴという選手がいます。


最近ATPのYOUTUBEの試合結果動画にもちょくちょく出てきている選手で、見たところ


かなりいいストロークを打つので今後かなり期待ですね。


是非皆さんもチェックしてください。




インフォメーション

最新情報

スタッフブログ

最新記事