結果報告 by Y.SUGIE


梅雨が続き、外のコートでのレッスンが増えた私は、毎日天気予報とにらめっこです。







晴れ男のはずなのですが、最近降られています(*'ω'*)


そんなジメジメしたこともありますが


うれしい知らせもたくさんあります。


昨日までやっていましたピンクリボン神奈川大会の本戦に初めて上がりましたという


お客様だったり、厚木市の市民大会に優勝したお客様だったり成績が出て


一生懸命やった結果が出たことの報告は本当にうれしく思います。


ここで、今回ブログに書かせてもらうことは成績が出なかった人へのアドバイスですかね。。。


成績が出た方のほとんどは、今までやってきたことが上手く発揮できた人。


その方、全員といっても過言ではないのいいますが、自分の事がどうなっているかを説明できます。



例 ゲーム中アプローチショットを打ったボールがミスしてしまった時


私が今のアプローチなんでミスしたと思いますか? 


質問します。


そこで、大きく分かれ道が出てきます。


試合で成績を出すトーナメントクラスAさんと試合にまだ出場したことのない初中級Bさん


どちらの方もレッスンは受けていてコーチからアドバイスもいつも貰っています。


しかし、ここで本人がアウトプット出来るかが大きな差なのです。


ここでAさんとBさんに質問をしたときの事を記載します。


まず、Aさん


(私)   何でミスしたと思いますか?


(Aさん) 早くボレーに行こうとして動きながらボールを打ったのでバランスを崩していました。


(私)   正解です。それでは、どうすれば良かったですか?


(Aさん) しっかりと止まって打った方が良かったと思います。


(私)   ばっちりです!あとは打つ前にそのアドバイスが出てくるように出来たら完璧です。



といった感じです。実際にSトーナメント・トーナメント・上級クラスでは出来ている人がいます。

(全員ではありませんが、、、、、) 


次にBさん、こちらはほとんどの皆さんがあてはまるのではないでしょうか?



(私)   何でミスしたと思いますか?


(Bさん) ・・・・


(私)    Bさん、私が答え言いましょうか?


(Bさん) はい(笑)


(私)   早くボレーに行こうとして動きながらボールを打ったのでバランスを崩していました。

      

      しっかりと打つ時は止まって打って、打ってからボレーに向かっても間に合いますよ!


(Bさん) はい(笑)


また、しばらくしてBさんアプローチをミスしてしまいました。


そこで今度も同じミスだったので同じように聞いてみます。


(私)  今の何でミスしたと思いますか? (先程と同じだからわかると思ってい聞いています)


(Bさん) ・・・・・・


(私)  先程と同じミスですからわかりますね?


(Bさん) え~同じですか? わかりません(笑)



このような感じです。


まず、自分がミスした時にコーチからのアドバイスを覚えることですね。


多くの方はアドバイスをもらった時点で満足。


レベルとしてはこちら


自分で頑張る < コーチからのアドバイスを貰う < アドバイスを覚える < 

アドバイスを言えるようにする < 人にアドバイス出来る(正しく)


このようにアドバイスを貰うだけでなくアドバイスを言えるようにならないと


自分のものになっていません。


是非ともコーチから言われたことを言えるようになっていきましょう。


そうすれば、今直らないところや苦手なところが直ってくると思います。


試してみてください。
















インフォメーション

最新情報

スタッフブログ

最新記事